RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

物流倉庫内での事故はフォークリフトが最多

参考情報(ヒヤリハット・事故事例)

フォークリフトの事故

LOGISTICS TODAYに、庫内作業における物流事故防止に関する実態調査の結果が掲載されています。

LOGISTICS TODAY編集部は、1月11日から15日にかけて物流企業や荷主企業を中心とする読者に対して実施した、庫内作業における物流事故防止に関する実態調査(有効回答数805件、回答率27.1%)を実施した。

物流倉庫内での事故は「フォークリフト」が最多、従業員教育も課題に「コミュニケーション」それが事故防止の第一歩だ(LOGISTICS TODAY 2022年1月19日)

当社のヒヤリハンターは、ICタグを携帯した作業者がフォークリフトに接近すると、磁界センサーに反応し運転者に警報でお知らせします。カメラには映らない死角にいる作業者も検知することが出来ます。

ヒヤリハンターは死角も検知

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン