RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

油圧ショベルと作業員の接触事故

参考情報(ヒヤリハット・事故事例)

ショベルカーアーム事故

ショベルカー、バックホー、ユンボの事故事例として、作業員がアームに吹き飛ばされて転倒したり、バケットに接触する事例があります。

当社のヒヤリハンターは、ICタグを携帯した作業者がフォークリフトに接近すると、磁界センサーに反応し運転者に警報でお知らせします。カメラには映らない死角にいる作業者も検知することが出来ます。

ショベルカー(アーム、バケット)と作業員の接触事故防止

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン