RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

作業者接近検知システム「ヒヤリハンター」がある時とない時

動画

作業者接近検知システムとは

作業者接近検知システムとは、フォークリフト・重機の周囲360度全方位(最大14m)にいるICタグを携帯した人を検知してオペレーターに警報するシステムです。見えない場所で作業する人も検知することができ、衝突事故のリスクを大幅に低減します。

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン