RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

ヒヤリハンター満足度調査の結果

参考情報(その他)

ヒヤリハンターを導入している大手物流会社(20支店)を対象に、導入後の効果に関するアンケートを実施しました。


1.導入の目的を教えてください。


2.ヒヤリハンターで目的を達成できましたか?

「達成できた」のご回答

  • ヒヤリハンターを使用することで達成できている。
  • リフトマンに作業者接近の注意喚起を促す上で一定の効果を得られた。
  • リスクの高い場所をセレクトしているので概ね導入目的は達成できている。

3.事故・ヒヤリの件数は減少しましたか?

「減少した」のご回答

  • 減少した。(F/L死角等の場所に作業者がいる時、即発見できることにより減少)
  • 作業者に危険感知が働くため減少している。
  • 接触ヒヤリは無くなった。
  • 警報音が鳴るので今まで以上に注意をして作業を行うことでヒヤリの件数は減少した。
  • ヒヤリハットの件数は導入前に比べ低下した。
  • リフトに接触しそうになるというリスクは大幅に減少した。

「その他」のご回答

  • 導入後、死角などによる事故・ヒヤリ報告は今のところなし。
  • フォークリフトの無事故・無災害が継続されている。

4.導入に適した現場(作業)を教えてください。

その他の回答

  • 歩車分離が難しいエリア:F/Lや特殊車輌の動線と作業者が交差する場所や死角エリア。
  • 建屋出入口・屋外テント出入口:不特定多数の関係者(客先・社内共)と車輌機材の交錯場所。
  • トラック乗務員・歩行者が必ず受付に寄る現場。(ICタグを渡す・回収できる現場)
  • 手元作業者、バンサイドのチェッカーが常駐している現場。
  • 重機と人との距離がある程度離れている職場(重機の速度に依存)
  • 倉庫内等の車輌と人が共に稼働する場所。
  • 同組織などでICタグの所持に理解のある職場。

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン