RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

ヒヤリハンターの検知警報が正確な理由

参考情報(その他)

自社開発と豊富な実績

ヒヤリハンターの高い検知性能を支えるトリガー技術は、当社が1999年に開発した自転車ロードレースのゴールタイム自動計測を発展させたものです。 時速数十キロで一気に駆け抜けるロードバイクの集団を全て正確に検知する技術です。

高い精度が求められるスポーツの世界で認められた検知技術は、命を守る安心・安全対策にも多く利用されています。

そういった歴史と実績があるからこそ、ヒヤリハンターの高い検知性能を実現することができます。

  • 登下校見守り(※1,800校以上に導入)
  • 認知症高齢者の徘徊・離院お知らせ
  • フォークリフト・重機の接触事故防止
  • 赤ちゃん連れ去り検知システム
  • 特殊施設でのタッチレス入退場管理
  • 自転車ロードレース タイム計測(ジャパンカップ、ツアー・オブ・ジャパンほか)
  • マラソン・駅伝タイム計測(大阪国際女子マラソン、全日本実業団駅伝)ほか
  • JRA 日本中央競馬会 美浦トレセン・栗東トレセン
  • JKA 日本競輪学校 など

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン