RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

NETISについて

参考情報(その他)

NETIS Q&A

クエスチョン

「NETIS」とは具体的にはどのようなシステムですか?

アンサー

そもそも「NETIS」とは、「新技術情報提供システム」のことで、「New Technology Information System」の頭文字を取って、「ネティス」と呼ばれています。「新技術の活用促進」と「新技術にかかわる情報の共有及び提供」を目的としたデータベースです。

平成10年より運用を開始し、平成13年度よりインターネットで一般にも公開しています。ここでは、有用な新技術の情報を誰でも容易に入手することが可能です。

クエスチョン

NETISに登録された技術を活用するメリットは?

アンサー

施工者に対して、2つのメリットがあります。

・技術評価点の向上
価格と技術提案の優劣を数値化して落札者を判定する「総合評価方式」の入札を採用する公共工事において、NETIS登録技術を採用した技術提案を行うことで、技術評価点の向上が見込めます。

・工場成績評点の向上
NETIS登録技術を活用した施工を行った場合、工事が完成した段階で発注者により採点される工事成績評定点の加点対象となります。施工のコスト縮減や工期短縮の実現等、質の高い施工実績を残す事で、次回の入札に有利となる評価につながります。

クエスチョン

掲載される期間はいつまで?

アンサー

登録された翌年度から5年間です。その間に評価を受け、継続調査の対象とすると評価された場合、評価を受けた翌年度からさらに5年掲載期間が延伸されますが、最大掲載期間は当初登録の翌年度から10年間です。継続調査の対象としないと評価された場合、当初登録の翌年度から10年間が掲載期間になります。

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン