RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

キャンセルユニット(据置きタイプ)についての注意事項

注意事項

キャンセルユニット(据置きタイプ)とは

キャンセルユニット(据置きタイプ)とは、ICタグを検知する磁界をキャンセル(無効化)する機器です。フォークリフトを運転する時にタグを収納することで、警報をキャンセルすることができます。今回はキャンセルユニット(据置きタイプ)の使用上の注意事項をご説明します。

正しい収納方法

下写真のようにICタグのストラップホールをケーブル側と反対の向きにして、タグホルダーにしっかり収納してください。逆向き(ケーブル側)にしたり、タグホルダーに完全に収まっていない場合、正常に動作しない場合があります。

※ICタグの表裏は関係ありません

 

間違った収納方法

 

その他の注意事項

  • ケーブルはしっかりと確実に接続してください
  • 改造・分解しないでください
  • 激しい衝撃を加えないでください
  • 異物を入れないでください
  • 水が入ったり、濡れたりする場所で使用しないでください
  • 上に物を置かないでください
  • 湿気や埃の多い場所、油煙や湯気があたる場所で使用しないでください

※Tag21の電池寿命は最長3年ですが、本製品を1日8時間使用した場合の電池寿命の目安は約1.5年です。

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン