RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

安全上のご注意

注意事項

人への危害や財産への損害を未然に防止するために、必ずお守りいただくことを説明しています。

免責事項について

お客様または第三者が、この製品の誤使用、使用中に生じた故障、その他の不具合またはこの製品の使用によって受けられた損害については法令上の賠償責任が認められる場合を除き、当社は一切その責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

警告

電源コード・電源プラグの取り扱いについて

異常・故障時は直ちに使用を中止し、電源をOFFにする。

  • 煙が出たり、異常なにおいや音がする
  • 内部に水などの液体や異物が入った
  • 本機に変形や破損した部分がある

そのまま使用すると火災・感電の原因になります。
※すぐに電源をOFFにして使用を中止し修理をご依頼ください。
※お客様による修理は危険ですから、おやめください。

ぬれた手で、電源を抜き差ししない。

感電の原因になります。

傷んだ電源線は使用しない。破損するようなことはしない。

  • 傷つける、加工する
  • 熱器具に近づける
  • ねじる、無理に曲げる、引っ張る、束ねる、重い物を載せる など感電やショートによる火災の原因になります。

電源の定格を超えて使わない。

発熱による火災の原因になります。

電源線は確実に接続する。

接続が不完全ですと、火災・感電の原因になります。

本体の取り扱いについて

本機の上に液体の入った容器などを置かない。

液体が内部に入ると火災・感電・故障の原因になります。

水を入れない。

火災・感電・故障の原因になります。

高圧洗浄しない。

水が入り、火災・感電・故障の原因になります。

雷が鳴ったら、本機や電源線、アンテナ線に触れない。

感電の原因になります。

本機を改造しない。

内部には電圧の高い部分があり、火災・感電・故障の原因になります。

不安定な場所に置かない。

倒れたり、落ちたりしてけがの原因になります。

  • 台を使用する場合はぐらつきがない堅固なものをご使用ください。
  • スタンド設置面は平らで十分に強度があることをご確認ください。

内部に金属類・燃えやすいものなどの異物を入れない。

火災・感電・故障の原因になります。特にお子様にはご注意ください。

温度差の激しい環境下では使用しない。

温度差が激しいと結露が発生し、感電・故障の原因になることがあります。

設置工事は、工事専門業者にご依頼ください。

設置工事が不完全ですと、死亡・けがの原因になります。設置工事を行う場合は、必ず取扱説明書をお読みの上、定められた手順に従ってください。また、事前に必ず実機での動作確認を行ってください。

注意

本体の取り扱いについて

制御ユニットのベンチレーションをふさがない。

結露・故障の原因になることがあります。

湿気やほこりの多い所、油煙や湯気が当たるような所に置かない。

火災・感電・故障の原因になることがあります。

強い衝撃を加えない。

けがの原因になることがあります。

本機の上に物を置かない、乗らない。

倒れたり、壊れたり、落下してけがの原因になることがあります。

接続ケーブルを無理に曲げたり、引っ張ったり、ねじったりしない。

火災・感電・故障の原因になることがあります。

電源が入った状態で接続ケーブルを抜き差ししない。

火災・感電・故障の原因になることがあります。

大雨、強風等の環境では使用しない。

水が入る恐れがあります。

接続ケーブルを壁面に挟んだり、足を引っ掛けたりしないように処理を行う。

火災・感電・けがの原因になることがあります。

移動させる前に接続線などを外す(電源線、アンテナ線、機器間の接続線や転倒・落下防止部品)

電源コードや本機が損傷し、火災・感電・故障の原因になることがあります。

保管場所を確認する。

以下の場所での保管は避けてください。

  • 直射日光のあたる場所
  • 高温多湿の場所
  • 落下する可能性のある不安定な場所
  • 急激に温度変化する可能性のある場所
  • 振動の激しい場所や埃の多い場所
  • 静電気を帯びやすい場所
  • 腐食性、可燃性のガスが発生する場所

日常点検及び定期点検を実施する。

本製品の機能を常に正常に保つために日常点検及び定期点検を心がけてください。

制御ユニットのベンチレーションに付着したゴミをこまめに取り除く。

長い間掃除をしないと通気性が悪くなり、結露の原因になることがあります。

  • 本製品は車両に接近する作業者、又は車両同士の接近をお知らせするものです。車両と作業者、又は車両同士の事故を未然に防止するものではありません。
  • 本製品の作動の有無にかかわらず、車両と作業者、又は車両同士の事故が発生した場合の損害については、当社は一切責任を負いません。
  • 本製品の故障や本製品の使用によって生じた損害、フォークリフト、重機の損害については、当社は一切責任を負いません。
  • お客様または第三者が設置工事を行った際の事故、損害に関して当社は一切の責任を負いません。また、動作の不具合等が生じた際の修理及び交換等のご要望に関して緊急の対応が出来ない場合がありますのでご留意ください。
  • 所定の検知エリアに進入しないと警報装置が作動しません。
  • 検知距離については車両への本製品の設置状況、環境により前後致します。
  • 高ノイズ環境や、金属物、遮蔽物により検知距離や、受信感度が変化する場合がございます。
  • タグは内部に電池を持つアクティブタグです。電池寿命については使用状況により変わります。電池が無くなった場合はお客様にて電池の交換をお願い致します。
  • 本製品の使用および維持管理はお客様の責任において行われるものとします。
  • 水や薬品を掛けての機器筐体清掃、つけおき洗浄等は行わないで下さい。機器内部に浸水する恐れがあります。
  • トリガー送信ボックスはマグネット部を下にして水平に設置してください。また、機器筐体底部が水に漬からない様に設置してください。

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン