まずはトライアルから。お気軽にお問い合わせください。

使い方を学ぶ【はじめに】

オンラインガイドブック

ヒヤリハンターの特徴

ヒヤリハンター(本製品)は、小型のICタグを携帯した作業員をトリガー磁界で検知し、重機の運転員、リフトマンにお知らせするシステムです。当社独自の技術で高い検知精度を実現しています。

  • 電池が長持ち(最長約3年)で小型のICタグ
  • どのフォークリフトが検知したのか判別可能(オオカミ少年にならない)
  • 作業員だけでなく、車両の接近も検知可能(要オプション機器)
  • ユニットタイプで取り付けが簡単
  • リーチ・カウンタータイプをはじめ、大型重機にも対応
  • 最大検知距離はトリガー送信ボックス(大)2台で約14m
  • NETIS認定製品

導入の背景

  • 歩車分離ができない物流エリアでの安全ソフト対策として。
  • 車歩分離などの対策を行ってはいるが、更なるリスク低減を目的としての導入。
  • 出入庫時のF/L作業において挟まれ・巻き込まれ災害防止の為。
  • 重機エリア、船内作業での作業者との接触防止。
  • フォークリフト作業における、災害防止。
  • 人とフォークリフトとの激突事故のリスク低減のため。
  • 倉庫内荷役作業においてフォークリフトと軽作業者の接触リスクは常に存在している。
  • トラック乗務員又はスタッフなど歩行者とフォークリフトの接触防止。
  • 大型のフォークリフトを使用する為、人車分離という言葉を実現させるべく、導入した。
  • フォークリフトと作業員(場内入場者)との接触防止。死角出入口・段積した荷の死角での接触防止。
  • フォークリフトが錯綜する倉庫内に現品確認等で人が立ち入る作業があり、導入によりオペレーターが付近の作業員を早期に認知し、事故防止に繋げることを目的としている。
  • F/L作業中に他の作業者が接近し、巻き込む恐れがある為。
  • 検品作業場におけるフォークリフトと作業者の激突災害防止のため。

安全上のご注意

安全上のご注意はこちら

お問い合わせボタン