RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

使い方を学ぶ 2-1【デモ機の設置】電源

オンラインガイドブック

バッテリーから供給

電源は車両のバッテリーからキーオンで供給します。配線は車両のサービス担当者に依頼してください。

ご注意

  1. バッテリー出力電圧を確認
    消費電力は最大60Wです。バッテリー出力電圧から適切な電流定格の保護ヒューズを選定してください。【参考メモ※1】
  2. 配線の極性(+と-)を区別
    電源線については、お手数ですが+側、-側それぞれ用意してください。線材については0.75sq(AWG18相当)もしくは0.5sq(AWG20相当)をご使用下さい。

電源配線は必ずヒューズより単独で引き出して下さい。ヒューズから取り出していない場合は故障の原因になります。

入出力ケーブルに電源を接続

作業は必ず取扱説明書をお読みの上、キーオフの状態で行ってください。

電源入力ケーブルに車両からの電源線を接続します。白線及び黒線【参考メモ※2】は切りっぱなしの状態です、接続後は必ず保護処理(防水処理)を行って下さい。

電源配線のプラス、マイナスを間違えて接続すると、故障・火災等の原因になります。

安全上のご注意

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン