まずはトライアルから。お気軽にお問い合わせください。

使い方を学ぶ【1-4】ヒヤリハンターの検知距離

オンラインガイドブック

トリガー検知ボックスの種類、組み合わせによって検知距離が変わります。それぞれ6段階で調節可能です。

最大検知距離9m

トリガー送信ボックス小×1(車体の中央に設置した場合)

検知距離はトリガー送信ボックスからの距離です。

トリガーレベル切替スイッチ

方向

検知距離

~MIN

前後

4m

左右

3.6m

MIN

前後

5m

左右

4m

MIN~MID

前後

5.5m

左右

4.3m

MID

前後

6.5m

左右

5m

MID~MAX

前後

8m

左右

5.7m

MAX

前後

9m

左右

6m

※数値はあくまでも参考目安です。車種や環境(屋内/屋外、電源電圧、機器設置場所)によりタグの検知距離は変化します。 また、Type-MのICタグを使用する場合、約3割程度短くなります。


最大検知距離14m

トリガー送信ボックス大×2(車体の端に設置した場合)

検知距離はトリガー送信ボックスからの距離です。

車体の影響で前方の距離が短くなる場合があります。その場合、前方用に2台追加して合計4台設置します。

トリガーレベル切替スイッチ

方向

検知距離

~MIN

前後

6.5m

左右

5m

MIN

前後

7.5m

左右

6m

MIN~MID

前後

9m

左右

6.5m

MID

前後

10m

左右

7.5m

MID~MAX

前後

12.5m

左右

8m

MAX

前後

14m

左右

9m

※数値はあくまでも参考目安です。車種や環境(屋内/屋外、電源電圧、機器設置場所)によりタグの検知距離は変化します。 また、Type-MのICタグを使用する場合、約3割程度短くなります。

お問い合わせボタン