RFID技術でフォークリフト・重機と人の接触事故を軽減。

ヒヤリハンターとトリガー検知センサを導入している神星工業株式会社様に伺いました!

お客様の声

神星工業株式会社 電子機器事業本部
製造部 受渡・出荷係 受渡・出荷班 班長
鬼塚 敏郎氏

(2017年4月インタビュー)

ヒヤリハンターを導入しようと思ったきっかけは何ですか

リフトにもともと付いている回転灯では不十分で、歩行者とリフトの出会いがしらのヒヤリハットが多く発生していました。

歩車分離だけではカバーできない共有ゾーンの安全対策として、ヒヤリハンターを導入しました。

ヒヤリハンターを導入して効果はありましたか

導入前は、月に平均15回ほどヒヤリハットが発生していました。ヒヤリハンター導入後は、歩行者とリフトの衝突に関するヒヤリハットは一度も発生していません。作業効率も上がりました。

 

トリガー検知センサ

ヒヤリハット(激突され・はさまれ)を削減するヒヤリハンターとは

お問い合わせボタン